貴方の事業所は、基準A・Bのどちらが適用されるのかご存知でしょうか?
HACCPの制度化に伴い、全ての食品等事業者はHACCPの基準A・Bいずれか導入が必須となります。まずは、基準A・Bのどちらを取り組む必要があるのかを確認しておきましょう。

『基準A』が適用される事業所

・と畜場、食鳥処理場
・食品の製造又は加工を行う者のうち、1つの事業所において、食品の製造及び加工に従事する者の総数が 50 人以上
・HACCPの為の専門部署(品質管理部門)を持つなどの一定の規模の条件を有する事業者

『基準B』が適用される事業所

・小規模事業者(食品の製造又は加工を行う者のうち、1つの事業所において、食品の製造及び加工に従事する者の総数が 50 人未満)

※上記の基準A・Bの適用対象については、今後、変更される可能性がありますので、最新の情報については、厚生労働省のホームページをご確認ください。

(参考)HACCP(ハサップ)| 厚生労働省




  • 食品製造業のHACCPのペーパーレス化なら、『ハサログ(基準A)』全業種に対応!記録もマニュアルも計画書も全て一元管理!
  • 一般飲食店、ホテル・旅館向けのHACCP運用支援ツール『ハサログ(基準B)』スマホ・タブレットで簡単に記録!
  • 飲食店でも使えるシンプルな操作で簡単に在庫管理ができるアプリ『ハウメニ』