飲食店向けHACCP(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理)における「振り返り」記録とは、その名の通り、過去の衛生管理の実施状況を振り返り(記録の確認などを行い)、問題点(クレームなど)や課題を整理し、まとめた記録となります。

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理とは、
厚生労働省がHACCPの制度化に伴い、新たに設けた日本独自のHACCP基準で、HACCPの考え方を踏襲しながらも、一般飲食店や小規模事業者が取り組みやすい簡易的なHACCPです。

実施頻度

定期的(毎月1回)
※手引書などに明確な頻度は定められておりませんが、1か月に1回以上の実施が望ましいとされています。

振り返り記録の記入例

2019
5
Q1. 重要な問題や同じ問題が繰り返し発生していましたか? はい
「はい」の場合、それはどのような問題ですか? 手洗いが不十分な従業員が何名かいた
「はい」の場合、どのように改善しましたか?該当者だけでなく、従業員全員に対して、衛生管理教育を実施した
Q2. 過去1ヶ月で従業員や納入業者が変わりましたか?いいえ
「はい」の場合、毎日の衛生管理計画の説明は行いましたか?
実施者田中

スマホ・タブレットで記録することもできます

飲食店向けHACCP運用支援ツール『ハサログ』を使用すると、スマホやタブレットで簡単に記録することができます。記録データは全てクラウド上に保管され、ペーパーレスな運用が可能になります。




  • 食品製造業のHACCPのペーパーレス化なら、『ハサログ(基準A)』全業種に対応!記録もマニュアルも計画書も全て一元管理!
  • 一般飲食店、ホテル・旅館向けのHACCP運用支援ツール『ハサログ(基準B)』スマホ・タブレットで簡単に記録!
  • 飲食店でも使えるシンプルな操作で簡単に在庫管理ができるアプリ『ハウメニ』