食品製造の現場における衛生管理の基本として「5S」があります。
5S活動とも呼ばれ、整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)の5つの頭文字Sを取って名づけられました。

余談ですが、自動車メーカーのトヨタでは、5Sは「仕事そのもの」と重要視されていて、新入社員はまず5Sを徹底的に叩き込まれるそうです。

5S活動は、ただやればいいというものではなく、
1. 整理 から5. 躾(しつけ)までを順番に取り組むことが重要です。

1. 整理

・要るもの要らないものを整理する(不要なものは処分する)

2. 整頓

・必要なものを必要な時にすぐ取り出せるよう、保管場所を決め管理する(定位置管理)

3. 清掃

・ゴミ、チリ、埃を取り除く(ピカピカな状態を維持する)

4. 清潔

・清潔な身だしなみと正しい手洗いの実施を心がける
・施設、設備、機械や調理器具等の洗浄・除菌を行い、清潔に保つ

5. 躾(しつけ)

・整理、整頓、清掃、清潔のルールを励行する
・職場のルールや規律を守り、習慣づける

5Sの最終目的

・『安全、効率的、快適」な職場環境を作ること
・『決めたことを守る風土」を作ること

(参考)HACCP入門のための手引書-厚生労働省

正しい手洗いと除菌対策にはこちら




  • 5Sの衛生管理記録のペーパーレス管理